海外ドラマ・フレンズ(FRIENDS)が面白い!ベストジョークを勝手に選定!Season1第2話「ロスの大事件」

(C) 1994 Warner Bros. Entertainment Inc.

ファーストシーズン第2話「ロスの大事件」。

少なくとも10回は見返しているフレンズオタクの私が選ぶ、ベストジョークです!

スポンサーリンク

◆あらすじは?

ロスは未練がましくも、別れたばかりのキャロルに呼び出されてノコノコ会いに行ってしまう。何とそこにはキャロルの現在の彼女、スーザンもいた。しかもキャロルのお腹の子の父親はロスだと告げられ、パニックに陥ってしまう。その頃レイチェルも何故か元フィアンセに会いに行くが・・・。(C) 1994 Warner Bros. Entertainment Inc.

◆ベストジョークは!?

さて、私の独断と偏見で選ぶ、今回の「ベストジョーク」は、モニカ!

物語のあらすじとはほとんど関係ありませんが(笑)

兄ロスには甘い、遊びに来た両親に、「スパゲッティ?お手軽だこと」「結婚できない娘を持つよりマシ」「家事と仕事の両立はモニカには無縁の話だ」などとイビられ倒されたモニカ。

ベストジョークは、その後カフェ“セントラル・パーク”での一言(愚痴)。

(C) 1994 Warner Bros. Entertainment Inc.

「もし親が換えられるなら、取り換えたいわ。できれば、そうね。兄さんの親と換えたい」(C) 1994 Warner Bros. Entertainment Inc.

なかなか上手いこと言う!(笑)

・・・というわけで、今回のベストジョークは、モニカでした。

ちなみに、モニカ演じるコートニー・コックスは最初はレイチェル役をオファーされたらしいのですが、自分はモニカの方が合うと、レイチェル役を断ったとのことです。

大正解だと思います!モニカ役バッチリだし!

◆DVD・Blueray

DVD・Bluerayで『フレンズ』を視聴を希望の方は↓からどうぞ。(いずれも日本語・英語音声、日本語・英語字幕つきです)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする